1日でどこまで移動できる? ~特急列車(急行)&新幹線乗り継ぎ編~

1日というリミットの中で、特急列車と新幹線を利用してどこまで進むことができるのか検証します。 普通列車onlyでどこまでいけるかは姉妹版 http://ameblo.jp/how-far/ を見てね~

カテゴリ

プロフィール

ウェアケン

Author:ウェアケン
 ご訪問ありがとうございます!
 当ブログ運営人のウェアケンと言います。

 列車旅が大好きで、長期休暇中にはよくフリーパス片手に色んなところをまわっています。
 特急列車も利用しますが、どちらかというと旅行は普通列車を乗り継いでその土地土地をまったりと巡ることの方が多いです。
 でも、目的地までの単純な移動手段として特急は秀でているので、特急列車でどこまで行けるか?も是非とも確認してみたい!と、半ば勢いで立ち上げてみました。
 週2回更新を目標になが~く続けていくつもりです。
 みなさんどうぞよろしくお願いします!

※このブログの簡単な説明を上記カテゴリ「お知らせ」中の記事「ごあいさつとサイトの説明」にしてあります。
 初めて訪れていただいた方、見方がわからないという方は是非ご一読ください。

ブログランキング

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 大分から北へ ~特急ソニックから新幹線のぞみへ接続~

大分 (大分県)
発 06:00
JR 日豊本線・鹿児島本線 [特急 ソニック4号] 博多行き
  (別府06:07着, 杵築06:21着, 宇佐06:36着, 柳ヶ浦06:41着,
   中津06:51着, 宇島06:57着, 行橋07:09着, 下曽根07:18着,
   戸畑07:36着, 黒崎07:41着, 折尾07:46着, 赤間07:56着,
   吉塚08:26着, 博多08:30着)
小倉 (福岡県)
着 07:29
発 07:47 (※ 博多07:30発)
JR 山陽新幹線・東海道新幹線 [のぞみ10号] 東京行き
  (新山口08:05着, 広島08:36着, 岡山09:13着, 新神戸09:45着,
   新大阪09:58着, 京都10:14着, 名古屋10:51着, 新横浜12:14着,
   品川12:26着)
東京 (東京都)
着 12:33
発 12:56
JR 東北新幹線 [はやて19号] 八戸行き
  (上野13:01着, 大宮13:21着, 仙台14:37着, 盛岡15:22着,
   いわて沼宮内15:38着, 二戸15:51着)
八戸 (青森県)
着 16:03
発 16:14
JR 東北本線・津軽海峡線 [特急 スーパー白鳥19号] 函館行き
  (三沢16:28着, 野辺地16:45着, 浅虫温泉17:01着, 青森17:15着,
   蟹田17:46着, 木古内18:35着, 五稜郭19:15着)
函館 (北海道)
着 19:20
発 19:42
JR 函館本線・室蘭本線・千歳線 [特急 スーパー北斗21号] 札幌行き
  (五稜郭19:46着, 20:16着, 八雲20:34着, 長万部20:53着,
   洞爺21:15着, 伊達紋別21:24着, 東室蘭21:39着, 登別21:51着,
   苫小牧22:12着, 南千歳22:27着, 新札幌22:47着)
札幌 (北海道)
着 22:56
発 23:05
JR 函館本線 [L特急 スーパーカムイ55号] 旭川行き
  (岩見沢23:28着, 美唄23:38着, 砂川23:49着, 滝川23:54着,
   深川00:07着)
旭川 (北海道)
着 00:25

(10/11/01調べ)

<参考データ>
乗り換え総数: 5回
総距離: 約2577.6km
所要時間: 18時間25分
乗車時間合計: 17時間2分
乗継時間合計: 1時間23分
通常料金: 45,140円
    (24,360円…大分~旭川間のJR乗車券
    + 930円{割}…大分~小倉間のJR指定席特急券
    + 8,880円…小倉~東京間のJR新幹線のぞみ指定席特急券
    + 6,000円…東京~八戸間のJR東北新幹線指定席特急券
    + 1,200円{割}…八戸~函館間のJR指定席特急券
    + 1,510円{割}…函館~札幌間のJR指定席特急券
    + 2,260円…札幌~旭川間のJR指定席特急券)

<コメント>
 大分駅から特急列車と新幹線を乗り継いで北上したケースです。
 熊本~旭川間の路線距離と同様、2,500kmを超え、一日で北海道の旭川まで移動することができます。
 大分駅スタートの場合は、九州新幹線全線開通の影響は直接にはないので、東北新幹線全線開通でどれくらい移動距離が伸びるか、といったところですね。

 東北新幹線の全線営業まで後残すところ1か月ちょっととなりましたね。
 先月末には報道関係者らを対象にした八戸~新青森間の新幹線試乗会も行われたとのこと。
 JR東日本の某支店長さんの感想によると乗り心地は快適だそうです。
 ただ、前置きで「トンネル区間が長いが…」とちょっぴり残念なコメントがありました。
 まあこれは新幹線の宿命ということでしょうがないのかもしれませんが、できるだけ短いルートで…ということから山を削るわけで自然とトンネルが多くなる傾向にあります。
 八戸~新青森間もこういう傾向にあり、特に八甲田トンネルは全長26km超えで地上のトンネルとしてはかなり長いです。
 八戸~新青森については新幹線から見ることできる景観はあまり期待できそうもありませんね。


 大分~旭川を普通列車で乗り継いだケースは以下の通り。
 1日目: 大分→(日豊本線)→小倉→(鹿児島本線・山陽本線)
     →下関→(山陽本線)→神戸→(東海道本線)
     →浜松
 2日目: 浜松→(東海道本線)→平塚→(湘南新宿ライン)
     →赤羽→(東北本線)→仙台→(東北本線)
     →盛岡→(IGR・青い森鉄道)→八戸
 3日目: 八戸→(東北本線)→青森→(津軽海峡線)
     →函館→(函館本線)→長万部→(室蘭本線)
     →苫小牧→(千歳線)→札幌→(函館本線)→滝川
 4日目: 滝川→(函館本線)→旭川


 熊本駅スタートと同じく4日必要になります。
 もう少しで3日以内に収まりそうなんですけどねー
 乗り継ぎの詳細は「大分から北へ ~日豊本線・山陽本線・東海道本線編~」から順を追ってみてください。

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。