1日でどこまで移動できる? ~特急列車(急行)&新幹線乗り継ぎ編~

1日というリミットの中で、特急列車と新幹線を利用してどこまで進むことができるのか検証します。 普通列車onlyでどこまでいけるかは姉妹版 http://ameblo.jp/how-far/ を見てね~

カテゴリ

プロフィール

ウェアケン

Author:ウェアケン
 ご訪問ありがとうございます!
 当ブログ運営人のウェアケンと言います。

 列車旅が大好きで、長期休暇中にはよくフリーパス片手に色んなところをまわっています。
 特急列車も利用しますが、どちらかというと旅行は普通列車を乗り継いでその土地土地をまったりと巡ることの方が多いです。
 でも、目的地までの単純な移動手段として特急は秀でているので、特急列車でどこまで行けるか?も是非とも確認してみたい!と、半ば勢いで立ち上げてみました。
 週2回更新を目標になが~く続けていくつもりです。
 みなさんどうぞよろしくお願いします!

※このブログの簡単な説明を上記カテゴリ「お知らせ」中の記事「ごあいさつとサイトの説明」にしてあります。
 初めて訪れていただいた方、見方がわからないという方は是非ご一読ください。

ブログランキング

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 大分から西へ ~久大本線or山陽新幹線経由で長崎まで~

【久大本線経由】

大分 (大分県)
発 08:19
JR 久大本線 [特急 ゆふDX2号] 博多行き
  (向之原08:34着, 湯平08:55着, 由布院09:07着, 豊後中村09:23着,
   豊後森09:34着, 天ヶ瀬09:47着, 日田09:58着, うきは10:16着,
   筑後吉井10:21着, 田主丸10:26着, 久留米10:46着, 二日市11:03着,
   博多11:15着)
鳥栖 (佐賀県)
着 10:51
発 11:20 (※ 博多11:01発)
JR 長崎本線 [特急 かもめ17号] 長崎行き
  (佐賀11:35着, 肥前山口11:45着, 肥前鹿島12:02着, 諫早12:36着,
   浦上12:50着)
長崎 (福岡県)
着 12:53

<参考データ>
乗り換え総数: 1回
総距離: 約273.9km
所要時間: 4時間34分
乗車時間合計: 4時間5分
乗継時間合計: 29分
通常料金: 9,100円
    (5,360円…大分~由布院~鳥栖~長崎間のJR乗車券
    + 1,870円…大分~由布院~鳥栖間のJR指定席特急券
    + 1,870円…鳥栖~長崎間のJR指定席特急券)

【小倉経由】

大分 (大分県)
発 05:23
JR 日豊本線・鹿児島本線 [特急 ソニック2号] 博多行き
  (別府05:31着, 杵築05:44着, 宇佐05:59着, 柳ヶ浦06:04着,
   中津06:14着, 宇島06:20着, 行橋06:32着, 下曽根06:40着,
   戸畑06:55着, 黒崎07:00着, 折尾07:05着, 赤間07:16着,
   吉塚07:44着, 博多07:49着)
小倉 (福岡県)
着 06:48
発 06:58 (※ 新山口06:27発)
JR 山陽新幹線 [こだま853号] 博多行き
博多 (福岡県)
着 07:17
発 07:28
JR 鹿児島本線・長崎本線 [特急 かもめ5号] 長崎行き
  (二日市07:42着, 鳥栖07:55着, 佐賀08:10着, 肥前山口08:21着,
   肥前鹿島08:39着, 諫早09:25着, 浦上09:40着)
長崎 (長崎県)
着 09:43

<参考データ>
乗り換え総数: 2回
総距離: 約354km
所要時間: 4時間20分
乗車時間合計: 3時間59分
乗継時間合計: 21分
通常料金: 10,100円
    (6,200円…大分~小倉~博多~長崎間のJR乗車券
    + 1,870円…大分~小倉間のJR指定席特急券
    + 940円…小倉~博多間のJR新幹線自由席特急券
    + 1,090円{割}…博多~長崎間のJR指定席特急券)

(10/11/04調べ)

<コメント>
 大分から長崎までの2ルートを考えてみます。
 一つは大分から久留米までを結ぶ久大本線経由、もう一つはいったん日豊本線で北上して小倉から新幹線経由で向かうルートです。
 久大本線の方は路線距離が短く、それに伴い運賃も安く済みますが、大分~久留米を結ぶ特急列車(ゆふ号orゆふいんの森号)は1日に4往復しかありません。
 ですのであまり選択肢は多くありません。
 一方、小倉経由の方は新幹線を挟むので若干乗り換えが面倒になりますが、選択肢の幅は広がり始発列車で出発すれば長崎には10時前に到着できてしまいます。
 所要時間はどちらのルートも大して変わらず、運賃は遠回りの分、小倉経由の方が高くなってしまいます。
 とは言っても千円ほどの差なので、忙しくて時間の選択ができないってひとには小倉ルートの方が融通が効いていいと思います。

 博多~長崎で運行される特急かもめは佐世保行きの特急みどりやハウステンボス行きの特急ハウステンボスが併結運転されることがあります。
 例えば、上記特急かもめ5号は佐世保行きの特急みどり1号と併結運転されるので、肥前山口から佐世保線経由で佐世保まで行く場合は、特急みどりの車両に乗車すればOKです。


 大分~長崎間を普通列車のみで乗り継いだ場合は、いずれのルートでも1日で到達可能です。
 どちらのルートでも朝早く大分駅を出発すれば長崎駅には15時前に到着できるようです。
 久大本線を普通列車で乗り継ぐ場合は由布院での接続があまりよくないので、結構時間がかかってしまいます。
 久大本線を利用する人は大分~久留米間の移動、というよりは由布院までの移動を目的に利用する人が多いからなのかもしれませんね。
 乗り継ぎの詳細は「大分から西へ ~久大本線経由で福岡・佐賀・長崎編~」を参考にしてください。

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。