1日でどこまで移動できる? ~特急列車(急行)&新幹線乗り継ぎ編~

1日というリミットの中で、特急列車と新幹線を利用してどこまで進むことができるのか検証します。 普通列車onlyでどこまでいけるかは姉妹版 http://ameblo.jp/how-far/ を見てね~

カテゴリ

プロフィール

ウェアケン

Author:ウェアケン
 ご訪問ありがとうございます!
 当ブログ運営人のウェアケンと言います。

 列車旅が大好きで、長期休暇中にはよくフリーパス片手に色んなところをまわっています。
 特急列車も利用しますが、どちらかというと旅行は普通列車を乗り継いでその土地土地をまったりと巡ることの方が多いです。
 でも、目的地までの単純な移動手段として特急は秀でているので、特急列車でどこまで行けるか?も是非とも確認してみたい!と、半ば勢いで立ち上げてみました。
 週2回更新を目標になが~く続けていくつもりです。
 みなさんどうぞよろしくお願いします!

※このブログの簡単な説明を上記カテゴリ「お知らせ」中の記事「ごあいさつとサイトの説明」にしてあります。
 初めて訪れていただいた方、見方がわからないという方は是非ご一読ください。

ブログランキング

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 米原から北へ ~新幹線ひかりから東北新幹線に接続~

米原 (滋賀県)
発 08:06 (※ 新大阪07:30発)
JR 東海道新幹線 [ひかり508号] 東京行き
  (岐阜羽島08:19着, 名古屋08:32着, 浜松09:04着, 静岡09:31着,
   三島09:54着, 新横浜10:21着, 品川10:33着)
東京 (東京都)
着 10:40
発 10:56
JR 東北新幹線 [はやて15号] 八戸行き
  (上野11:01着, 大宮11:21着, 仙台12:37着, 盛岡13:22着,
   いわて沼宮内13:38着, 二戸13:51着)
八戸 (青森県)
着 14:03
発 14:14
JR 東北本線・津軽海峡線 [特急 白鳥15号] 函館行き
  (三沢14:27着, 野辺地14:45着, 浅虫温泉15:02着, 青森15:16着,
   蟹田15:52着, 津軽今別16:06着, (竜飛海底16:17着), 木古内16:48着)
函館 (北海道)
着 17:33
発 17:55
JR 函館本線・室蘭本線・千歳線 [特急 北斗19号] 札幌行き
  (五稜郭17:59着, 18:33着, 八雲18:53着, 長万部19:13着,
   洞爺19:39着, 伊達紋別19:51着, 東室蘭20:07着, 登別20:19着,
   苫小牧20:44着, 南千歳20:59着, 新札幌21:19着)
札幌 (北海道)
着 21:31
発 22:00 (※ 新千歳空港21:16着)
JR 函館本線 [L特急 スーパーカムイ53号] 旭川行き
  (岩見沢22:23着, 美唄22:33着, 砂川22:44着, 滝川22:49着,
   深川23:02着)
旭川 (北海道)
着 23:20

(10/11/22調べ)

<参考データ>
乗り換え総数: 4回
総距離: 約1789.7km
所要時間: 15時間14分
乗車時間合計: 13時間56分
乗継時間合計: 1時間18分
通常料金: 34,050円
    (18,160円…米原~旭川間のJR乗車券
    + 4,920円…米原~東京間のJR東海道新幹線指定席特急券
    + 6,000円…東京~八戸間のJR東北新幹線指定席特急券
    + 1,200円{割}…八戸~函館間のJR指定席特急券
    + 1,510円{割}…函館~札幌間のJR指定席特急券
    + 2,260円…札幌~旭川間のJR指定席特急券)

<コメント>
 滋賀県のスタート地点は大津駅にしようかと考えていたのですが、大津駅は京都駅から普通列車で10分程度の位置にあり、東海道新幹線で東に進むにしろ山陽新幹線で西にすすむにしろ京都駅で乗り換えるのが便利です。
 そのため、記事がこれまでテーマとして取り上げた大阪編や京都編に被ってしまって面白みがないので米原駅をスタート地点としてみました。
 米原駅は滋賀県内で唯一東海道新幹線の停車駅となっていて、北陸本線との接続もあるので東海地方から北陸地方への移動や、その逆の移動における中心駅としての役目を果たしています。
 ただ、新幹線のぞみの停車駅とはなっていないので急いでいる場合は、名古屋駅や京都駅で「のぞみ」に乗り換える必要がありちょっと面倒。
 今回は名古屋や京都では乗り換えずに新幹線ひかりで東京駅までつないでみます。
 やはり新大阪始発の新幹線のぞみ200号からの乗り継ぎにはかなわず、旭川駅の到着時刻がかなり遅れてしまいます。
 ちなみに大津駅スタートで琵琶湖線始発の新快速列車からつなげても、上記スケジュールに間に合いますよ。

 つい先日、一般のお客様向けの試乗会の実施された東北新幹線(八戸~新青森)ですが、青森県内ではますます盛り上がっているようですね。
 新青森駅では八戸の業者さんが新たに2つの駅弁を投じるとのこと。
 1つはあのB級グルメで有名となった「せんべい汁」からヒントを得て作成されたお弁当で、その名もズバリ『せんべい汁弁当』となる予定。
 なんでも南部せんべいを含めたお弁当のおかずに特製のつゆをかけていただくお弁当なのだそうです。
 今までにないタイプの駅弁なので、どんなお弁当か気になりますよね~

 
 最後に米原から…ではなく大津から旭川間の普通列車乗り継ぎパターンをあげておきます。
 1日目: 大津→(東海道本線)→小田原→(湘南新宿ライン)
     →赤羽→(東北本線)→仙台
 2日目: 仙台→(東北本線)→盛岡→(IGR・青い森鉄道)
     →八戸→(東北本線)→青森→(津軽海峡線)
     →函館
 3日目: 函館→(函館本線)→長万部→(室蘭本線)
     →苫小牧→(千歳線)→札幌→(函館本線)
     →旭川


 1日目は鹿島台駅まで、2日目は正確には森駅まで乗り継ぐことが可能です。
 3日目旭川には夜9時ごろの到着となるので丸々3日普通列車での移動漬けとなってしまいます。
 乗り継ぎの詳細は「大津から東へ ~東海道本線・東北本線編~」から順を追ってみてください。

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。