1日でどこまで移動できる? ~特急列車(急行)&新幹線乗り継ぎ編~

1日というリミットの中で、特急列車と新幹線を利用してどこまで進むことができるのか検証します。 普通列車onlyでどこまでいけるかは姉妹版 http://ameblo.jp/how-far/ を見てね~

カテゴリ

プロフィール

ウェアケン

Author:ウェアケン
 ご訪問ありがとうございます!
 当ブログ運営人のウェアケンと言います。

 列車旅が大好きで、長期休暇中にはよくフリーパス片手に色んなところをまわっています。
 特急列車も利用しますが、どちらかというと旅行は普通列車を乗り継いでその土地土地をまったりと巡ることの方が多いです。
 でも、目的地までの単純な移動手段として特急は秀でているので、特急列車でどこまで行けるか?も是非とも確認してみたい!と、半ば勢いで立ち上げてみました。
 週2回更新を目標になが~く続けていくつもりです。
 みなさんどうぞよろしくお願いします!

※このブログの簡単な説明を上記カテゴリ「お知らせ」中の記事「ごあいさつとサイトの説明」にしてあります。
 初めて訪れていただいた方、見方がわからないという方は是非ご一読ください。

ブログランキング

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 東京から北へ ~上越新幹線・羽越本線経由で北海道へ~

東京 (東京都)
発 06:08
JR 上越新幹線 [とき301号] 新潟行き
  (上野06:13着, 大宮06:33着, 高崎06:58着, 越後湯沢07:24着,
   浦佐07:37着, 長岡07:50着, 燕三条08:01着)
新潟 (新潟県)
着 08:14
発 08:34
JR 白新線・羽越本線 [特急 いなほ1号] 秋田行き
  (新発田08:56着, 坂町09:14着, 村上09:23着, 府屋09:54着,
   あつみ温泉10:06着, 鶴岡10:27着, 余目10:37着, 酒田10:46着,
   遊佐10:58着, 象潟11:18着, 仁賀保11:27着, 羽後本荘11:38着)
秋田 (秋田県)
着 12:11
発 12:44
JR 奥羽本線 [特急 かもしか3号] 青森行き
  (八郎潟13:07着, 東能代13:32着, 二ツ井13:45着, 鷹ノ巣13:55着,
   大館14:10着, 碇ヶ関14:29着, 大鰐温泉14:36着, 弘前14:45着)
青森 (青森県)
着 15:17
発 15:22 (※ 八戸14:14発)
JR 津軽海峡線 [特急 白鳥15号] 函館行き
  (蟹田15:52着, 津軽今別16:06着, 木古内16:48着)
函館 (北海道)
着 17:33
発 17:55
JR 函館本線 [特急 北斗19号] 札幌行き
  (五稜郭17:59着, 18:33着, 八雲18:53着, 長万部19:13着,
   洞爺19:39着, 伊達紋別19:51着, 東室蘭20:07着, 苫小牧20:44着,
   南千歳20:59着, 新札幌21:19着)
札幌 (北海道)
着 21:31
発 22:00
JR 函館本線 [L特急 スーパーカムイ53号] 旭川行き
  (岩見沢22:23着, 美唄22:33着, 砂川22:44着, 滝川22:49着, 深川23:02着)
旭川 (北海道)
着 23:20

(10/03/17調べ)

<参考データ>
乗り換え総数: 5回
総距離: 約1408.6km
所要時間: 17時間12分
乗車時間合計: 15時間23分
乗継時間合計: 1時間49分
通常料金: 30,120円
    (15,540円…東京~旭川間のJR乗車券
    + 4,810円…東京~新潟間のJR上越新幹線指定席特急券
    + 1,200円{割}…新潟~秋田間のJR指定席特急券
    + 2,190円…秋田~青森間のJR指定席特急券
    + 1,090円{割}…青森~函館間のJR指定席特急券
    + 3,030円…函館~札幌間のJR指定席特急券
    + 2,260円…札幌~旭川間のJR指定席特急券)

<コメント>
 東京駅から上越新幹線経由で日本海沿線を北上したパターンです。

 前回の山形新幹線経由で北上したケース(「東京から北へ ~山形新幹線・奥羽本線経由で北海道へ~」参照)よりもスムーズに乗り換えができて秋田駅以降の各駅に早めに到着できます。
 山形新幹線経由と上越新幹線の始発を利用するため東京駅の出発時刻は1時間ほど早くなりますが、その後、新潟駅からは「特急いなほ」、秋田駅からは「特急かもしか」にうまいこと接続できてストレスなく青森駅まで到着できてしまいます。
 そのため山形新幹線経由よりも秋田には2時間ちょっと早く、青森駅には4時間半ほど早く到着できることになります。
 奥羽本線は普通列車の接続があまりよいとは言えないので、特急列車を利用するか否かでだいぶ差がついてしまいますね。

 青森以降も特急列車の接続の良さは途切れることなく、最終的には旭川まで行けてしまいます。
 青森で乗り換えることになる、「特急白鳥15号」が1日で旭川まで行くことができる最終便となるようです。
 つまり、この特急列車に乗り遅れるとその日の24時までに旭川まで乗り継ぐことはできなくなります。

 上記ルートを普通列車で乗り継ぐと(左←のリンク「1日でどこまで行ける?普通列車編」を参照)、
 1日目:東京→(京浜東北線等)→上野→(高崎線)
     →高崎→(上越線)→長岡→(信越本線)
     →新潟→(白新線)→新発田→(羽越本線)
     →秋田
 2日目:秋田→(奥羽本線)→青森→(津軽海峡線)
     →函館→(函館本線)→長万部→(室蘭本線)
     →苫小牧→(千歳線)→札幌→(函館本線)
     →滝川
 3日目:滝川→(函館本線)→旭川

 となります。
 いやー、非常におしいですね。もう少しで2日以内に収まりそうでした。
 秋田駅を早朝に出発すると、その後の普通列車の接続がかなりよいので、このような結果となりました。
 通常は奥羽本線も北海道内の路線も普通列車の接続はあまり芳しくないので、秋田からの接続は特別となります。

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。