1日でどこまで移動できる? ~特急列車(急行)&新幹線乗り継ぎ編~

1日というリミットの中で、特急列車と新幹線を利用してどこまで進むことができるのか検証します。 普通列車onlyでどこまでいけるかは姉妹版 http://ameblo.jp/how-far/ を見てね~

カテゴリ

プロフィール

ウェアケン

Author:ウェアケン
 ご訪問ありがとうございます!
 当ブログ運営人のウェアケンと言います。

 列車旅が大好きで、長期休暇中にはよくフリーパス片手に色んなところをまわっています。
 特急列車も利用しますが、どちらかというと旅行は普通列車を乗り継いでその土地土地をまったりと巡ることの方が多いです。
 でも、目的地までの単純な移動手段として特急は秀でているので、特急列車でどこまで行けるか?も是非とも確認してみたい!と、半ば勢いで立ち上げてみました。
 週2回更新を目標になが~く続けていくつもりです。
 みなさんどうぞよろしくお願いします!

※このブログの簡単な説明を上記カテゴリ「お知らせ」中の記事「ごあいさつとサイトの説明」にしてあります。
 初めて訪れていただいた方、見方がわからないという方は是非ご一読ください。

ブログランキング

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 新大阪から東へ ~長野新幹線あさま&長野電鉄特急で湯田中まで~

新大阪 (大阪府)
発 06:00
JR 東海道新幹線 [のぞみ200号] 東京行き
  (京都06:13着, 名古屋06:49着, 新横浜08:08着, 品川08:19着)
東京 (東京都)
着 08:26
発 08:40
JR 長野新幹線 [あさま509号] 長野行き
  (上野08:45着, 大宮09:05着, 高崎09:32着, 軽井沢09:49着,
   佐久平09:58着, 上田10:09着)
長野 (長野県)
着 10:22
発 10:49
長野電鉄 長野線 [特急] 湯田中行き
  (権堂10:50着, 須坂11:06着, 小布施11:12着, 信州中野11:22着)
湯田中 (長野県)
着 11:35

(10/05/12調べ)

<参考データ>
乗り換え総数: 2回
総距離: 約808.2km
所要時間: 5時間35分
乗車時間合計: 4時間54分
乗継時間合計: 41分
通常料金: 21,350円
    (10,500円…新大阪~東京~長野間のJR乗車券
    + 5,540円…新大阪~東京間のJR東海道新幹線指定席特急券
    + 4,080円…東京~長野間のJR長野新幹線指定席特急券
    + 1,130円…長野~湯田中間の長野電鉄運賃
    + 100円…長野~湯田中間の長野電鉄特急券)

<コメント>
 新大阪駅から新幹線を乗り継いで長野まで向かったケースです。
 長野からは長野電鉄長野線で湯田中温泉の玄関口となる終点の湯田中駅まで向かってみました。

 湯田中駅、湯田中渋温泉郷からは至近位置にロープウェイでアクセス可能なごりん高原スキー場があったのですが、2007年に廃業となってしまいました。
 でも、ちょっと足をのばせば志賀高原内にあるスキー場にたどり着くことができます。

 長野電鉄長野線は特急列車の運行もあり、その特急料金は乗車区間に関係なく100円(!)と激安設定になっています。
 その安さから地元の人も気兼ねなく利用できるのだとか。
 長野電鉄では長野電鉄全線が2日間乗り放題となる「長電フリー乗車券」も販売されていて、別途100円支払えば特急列車も利用可能なので沿線の観光に便利です。
 お値段は2,260円で一日分は1,130円となり、ちょうど長野線の始点から終点までの運賃に値するので、こちらもかなりお得なきっぷと言えます。


 普通列車で乗り継いだ場合ですが、長野新幹線の部分を(高崎線)→高崎→(信越本線)→横川→(JRバス関東碓氷線)→軽井沢→(しなの鉄道)→篠ノ井→(信越本線)→長野と在来線(横川~軽井沢はバス)のルートに変換して移動すればなんとか一日で移動できます。
 ただしその場合、丸一日中移動に費やさなければなりません。
 うまく乗り継いで長野には22時ごろ、湯田中には23時半ごろの到着となるので、少しでも油断すると2日目に突入することになってしまいます。

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。