1日でどこまで移動できる? ~特急列車(急行)&新幹線乗り継ぎ編~

1日というリミットの中で、特急列車と新幹線を利用してどこまで進むことができるのか検証します。 普通列車onlyでどこまでいけるかは姉妹版 http://ameblo.jp/how-far/ を見てね~

カテゴリ

プロフィール

ウェアケン

Author:ウェアケン
 ご訪問ありがとうございます!
 当ブログ運営人のウェアケンと言います。

 列車旅が大好きで、長期休暇中にはよくフリーパス片手に色んなところをまわっています。
 特急列車も利用しますが、どちらかというと旅行は普通列車を乗り継いでその土地土地をまったりと巡ることの方が多いです。
 でも、目的地までの単純な移動手段として特急は秀でているので、特急列車でどこまで行けるか?も是非とも確認してみたい!と、半ば勢いで立ち上げてみました。
 週2回更新を目標になが~く続けていくつもりです。
 みなさんどうぞよろしくお願いします!

※このブログの簡単な説明を上記カテゴリ「お知らせ」中の記事「ごあいさつとサイトの説明」にしてあります。
 初めて訪れていただいた方、見方がわからないという方は是非ご一読ください。

ブログランキング

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 札幌から東へ ~特急スーパーおおぞら&快速列車で釧路方面まで~

札幌 (北海道)
発 07:03
JR 千歳線・石勝線・根室本線 [特急 スーパーおおぞら1号] 網走行き
  (新札幌07:12着, 南千歳07:32着, トマム08:28着, 新得08:49着,
   帯広09:19着, 池田09:36着)
釧路 (北海道)
着 10:51
発 11:01
JR 根室本線(花咲線) [快速 ノサップ] 根室行き
  (厚岸11:47着, 茶内12:05着, 浜中12:12着, 厚床12:27着,
   落石12:49着)
根室 (北海道)
着 13:08

(10/07/01調べ)

<参考データ>
乗り換え総数: 1回
総距離: 約483.9km
所要時間: 6時間5分
乗車時間合計: 5時間55分
乗継時間合計: 10分
通常料金: 11,010円
    (7,980円…札幌~南千歳~新得~釧路~根室間のJR乗車券
    + 3,030円…札幌~釧路間のJR指定席特急券)
北海道フリーパス: 3643円 (一日分)

<コメント>
 予告していた札幌から釧路方面までの通常経路です。
 特急スーパーおおぞら号を利用すれば、途中乗り換えることなくダイレクトに釧路まで移動できてしまいます。
 特急スーパーおおぞらは現在のところ1日に7往復の運行となっていて、新千歳空港からの接続にも便利です。
 帯広までの移動であれば、特急スーパーおおぞらと同等のルートをたどる特急スーパーとかちを利用するのもいいでしょう。
 特急スーパーとかちは特急スーパーおおぞらよりも停車駅が多く、18きっぷ等の普通列車乗り継ぎ型のフリーパス利用者にとっては、石勝線の新夕張~新得間を移動できる数少ない特急列車であるため重宝されています。
 特急スーパーおおぞらにも新夕張駅、新得駅で停車するものもありますが、スーパーとかちと比べればかなり本数は少ないです。

 前回の石北本線・釧網本線ルートと比べると当たり前と言えばそうなのですが、7時間以上差をつけて釧路駅に到着することができることになります。
 しかも釧路から根室までは快速列車ノサップにちょうど良く接続できるので根室駅までの移動もかなり快適です。


 札幌から根室まで千歳線・石勝線・根室本線経由で普通列車を乗り継ぐ場合は、石勝線の普通列車の本数が少ない上に、前述したように石勝線の新夕張~新得間を特急列車で移動することになるのですが、新夕張駅と新得駅での普通列車⇔特急列車の乗り換えに時間がかかることが多く、18きっぷで石勝線を渡るのは容易なことではありません。
 そこで、札幌駅から函館本線で根室本線ターミナルの滝川駅まで移動して、そこから根室本線経由で釧路まで乗り継ぐルートを考えてみます。
 すると「札幌から東へ ~富良野線・根室本線編~」のように、帯広駅で1時間の待ち時間ができるもののその他の駅ではかなりスムーズに列車を乗り継げることがわかります。
 このルートで普通列車を乗り継げば、なんと前回の石北本線(特急)・釧網本線ルートよりも早く釧路駅に到着できてしまうのです。

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。