1日でどこまで移動できる? ~特急列車(急行)&新幹線乗り継ぎ編~

1日というリミットの中で、特急列車と新幹線を利用してどこまで進むことができるのか検証します。 普通列車onlyでどこまでいけるかは姉妹版 http://ameblo.jp/how-far/ を見てね~

カテゴリ

プロフィール

ウェアケン

Author:ウェアケン
 ご訪問ありがとうございます!
 当ブログ運営人のウェアケンと言います。

 列車旅が大好きで、長期休暇中にはよくフリーパス片手に色んなところをまわっています。
 特急列車も利用しますが、どちらかというと旅行は普通列車を乗り継いでその土地土地をまったりと巡ることの方が多いです。
 でも、目的地までの単純な移動手段として特急は秀でているので、特急列車でどこまで行けるか?も是非とも確認してみたい!と、半ば勢いで立ち上げてみました。
 週2回更新を目標になが~く続けていくつもりです。
 みなさんどうぞよろしくお願いします!

※このブログの簡単な説明を上記カテゴリ「お知らせ」中の記事「ごあいさつとサイトの説明」にしてあります。
 初めて訪れていただいた方、見方がわからないという方は是非ご一読ください。

ブログランキング

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 仙台から南へ ~鹿児島本線・九州新幹線経由で宮崎方面へ~

仙台 (宮城県)
発 06:08
JR 東北新幹線 [やまびこ202号] 東京行き
  (白石蔵王06:22着, 福島06:35着, 郡山06:50着, 新白河07:05着,
   宇都宮07:30着, 小山07:41着, 大宮07:58着, 上野08:18着)
東京 (東京都)
着 08:24
発 09:10
JR 東海道新幹線・山陽新幹線 [のぞみ15号] 博多行き
  (品川09:16着, 新横浜09:28着, 名古屋10:51着, 京都11:28着,
   新大阪11:43着, 新神戸11:58着, 岡山12:30着, 広島13:05着,
   新山口13:37着, 小倉13:56着)
博多 (福岡県)
着 14:13
発 14:30
JR 鹿児島本線 [特急 リレーつばめ49号] 新八代行き
  (鳥栖14:51着, 久留米14:57着, 羽犬塚15:05着, 瀬高15:10着,
   大牟田15:19着, 玉名15:32着, 上熊本15:48着, 熊本15:52着)
新八代 (熊本県)
着 16:13
発 16:16
JR 九州新幹線 [つばめ49号] 鹿児島中央行き
  (新水俣16:30着, 出水16:37着, 川内16:49着)
鹿児島中央 (鹿児島県)
着 17:02
発 18:02
JR 日豊本線 [特急 きりしま14号] 宮崎行き
  (帖佐18:23着, 加治木18:27着, 隼人18:34着, 国分18:37着,
   霧島神宮18:50着, 都城19:19着, 清武20:00, 南宮崎20:06着)
宮崎 (宮崎県)
着 20:10
発 20:19 (※ 宮崎空港20:09発)
JR 日豊本線 [ホームライナー2号] 延岡行き
  (佐土原20:32着, 高鍋20:41着, 日向市21:07着, 門川21:13着)
延岡 (宮崎県)
着 21:27

(10/03/16調べ)

<参考データ>
乗り換え総数: 5回
総距離: 約2025.2km
所要時間: 15時間19分
乗車時間合計: 13時間4分
乗継時間合計: 2時間15分
通常料金: 39,920円
    (20,060円…仙台~延岡間のJR乗車券
    + 4,810円…仙台~東京間のJR東北新幹線指定席特急券
    + 8,880円…東京~博多間のJR東海道新幹線&山陽新幹線指定席特急券
    + 1,090円{割}…博多~新八代間のJR指定席特急券
    + 2,910円…新八代~鹿児島中央間のJR九州新幹線指定席特急券
    + 1,870円…鹿児島中央~宮崎間のJR指定席特急券
    + 300円…宮崎~延岡間のホームライナー乗車整理券)

<コメント>
 さて今回は、仙台駅から出発して、鹿児島本線・九州新幹線経由で宮崎方面へと向かってみました。
 鹿児島中央から指宿・枕崎方面へは到着後すぐの連絡となる枕崎行き普通列車を利用すれば指宿には18時半ごろ、枕崎には19時半ごろに到着できます。

 宮崎駅で乗り換えることになるホームライナーはいわゆるライナー系の車両なので、乗車券の他にライナー券(乗車整理券)300円が必要になります。
 ライナーは18きっぷや九州満喫きっぷ利用者でも前述したライナー券を購入すれば乗車可能です。

 18きっぷで、仙台から延岡まで同じルートで乗り継いだらどうなるかというと、
 1日目:仙台→(東北本線)→大宮→(湘南新宿ライン)
     →大船→(東海道本線)→神戸→(山陽本線)
     →姫路
 2日目:姫路→(山陽本線)→下関→(鹿児島本線)
     →八代→(肥薩おれんじ鉄道)→川内→(鹿児島本線)
     →鹿児島中央
 3日目:鹿児島中央→(日豊本線)→延岡

 となり、1,2日目は一日中電車に乗りっぱなしで、3日目の午前中10時過ぎぐらに延岡到着となります。

 ところで、九州新幹線の途中駅(肥薩おれんじ鉄道の終着駅)である『川内駅』ですが、さてこれはなんと読むのでしょうか。
 九州出身の方にはごくごく当たり前で簡単な問題かもしれませんが、一般的に「かわうち」とか「かわち」とか読んでしまいそうですよね。
 実はこれで『せんだい』と読みます。
 ウェアケンは東北生まれなので「せんだい」と言えば、杜の都「仙台」が一番最初に頭に浮かぶのですが、九州出身の方は「せんだい」と言えば、鹿児島県の「川内」(薩摩川内市)をあげられるそうです(一概にはそうと言えませんが…)。
 しかも、仙台の青葉区には「川内」という地域があったりして、さらなる混乱を招いたり(^▽^;)
 あー、でもこちらは「かわうち」読みですけどね。。。

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。