1日でどこまで移動できる? ~特急列車(急行)&新幹線乗り継ぎ編~

1日というリミットの中で、特急列車と新幹線を利用してどこまで進むことができるのか検証します。 普通列車onlyでどこまでいけるかは姉妹版 http://ameblo.jp/how-far/ を見てね~

カテゴリ

プロフィール

ウェアケン

Author:ウェアケン
 ご訪問ありがとうございます!
 当ブログ運営人のウェアケンと言います。

 列車旅が大好きで、長期休暇中にはよくフリーパス片手に色んなところをまわっています。
 特急列車も利用しますが、どちらかというと旅行は普通列車を乗り継いでその土地土地をまったりと巡ることの方が多いです。
 でも、目的地までの単純な移動手段として特急は秀でているので、特急列車でどこまで行けるか?も是非とも確認してみたい!と、半ば勢いで立ち上げてみました。
 週2回更新を目標になが~く続けていくつもりです。
 みなさんどうぞよろしくお願いします!

※このブログの簡単な説明を上記カテゴリ「お知らせ」中の記事「ごあいさつとサイトの説明」にしてあります。
 初めて訪れていただいた方、見方がわからないという方は是非ご一読ください。

ブログランキング

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 仙台から南へ ~特急スーパーひたちから乗り継いで千葉まで~

仙台 (宮城県)
発 07:14
JR 常磐線 [特急 スーパーひたち22号] 上野行き
  (岩沼07:27着, 亘理07:34着, 相馬07:55着, 原ノ町08:10着,
   小高08:19着, 浪江08:27着, 双葉08:32着, 大野08:37着,
   富岡08:45着, いわき09:17着, 湯本09:25着, 09:30着,
   大津港09:42着, 日立10:02着, 常陸多賀10:06着, 大甕10:10着,
   勝田10:20着, 上野11:35着)
水戸 (茨城県)
着 10:25
発 11:25
鹿島臨海鉄道 大洗鹿島線 鹿島神宮行き
  (大洗11:39着, 新鉾田12:01着)
鹿島神宮 (茨城県)
着 12:35
発 13:01
JR 鹿島線・成田線 成田行き
  (潮来13:10着, 佐原13:23着, 下総神崎13:37着, 滑河13:44着)
成田 (千葉県)
着 13:59
発 14:14 (※ 成田空港14:00発) {※ 土休日は横須賀行き}
JR 成田線・総武線 東京行き
  (佐倉14:27着, 四街道14:37着, 船橋15:06着, 東京15:30着)
千葉 (千葉県)
着 14:47

<参考データ>
乗り換え総数: 3回
総距離: 約375.5km
所要時間: 7時間33分
乗車時間合計: 5時間52分
乗継時間合計: 1時間41分
通常料金: 8,600円
    (4,310円…仙台~いわき~水戸間のJR乗車券
    + 1,660円…仙台~いわき~水戸間のJR指定席特急券
    + 2,630円…水戸~鹿島神宮~成田~千葉間の鹿島臨海鉄道&JR通し運賃)
ウィークエンドパス: 7,260円
    (4,250円…ウィークエンドパス一日分
    + 1,660円…仙台~いわき~水戸間のJR指定席特急券
    + 1,350円…水戸~鹿島サッカースタジアム間の鹿島臨海鉄道運賃)

(10/09/02調べ)

<コメント>
 仙台から太平洋側の路線経由で千葉駅まで乗り継いだケースです。
 仙台から千葉までであれば(東北新幹線)→東京→(総武線快速)と乗り継ぐのが一般的で、常磐線経由での移動は時間に余裕がある方向けです。
 常磐線の駅では、いわきまでは常磐線経由で移動した方がよさそうですが、水戸までとなるとどうでしょう。
 常磐線の特急スーパーひたちを利用する場合でも、東北新幹線で小山まで移動して水戸線経由で水戸まで向かい場合でもほとんど所要時間は変わりません。
 ただ、運賃については常磐線経由の方が圧倒的に安上がりなので、時間の都合さえ合えば常磐線経由で列車を乗り継いだ方が良さそうです。

 水戸~千葉間は普通列車を乗り継いでの移動となります。
 鹿島臨海鉄道は「臨海鉄道」というわりには海が見える個所はほとんどなかったような。。
 JR鹿島線に入ってようやく、あー海に近いんだな…ということを認識できる景色に出会えることになります。

 南東北、関東、甲信越の旅行であれば週末に利用できるJR東日本のウィークエンドパスがおススメです。
 基本は普通列車乗り降り自由のフリーパスで18きっぷと似ていますが、新幹線や特急列車の乗車券として利用できる点が違います。
 そのためか、値段は1日分4,250円で18きっぷの1日分2,300円と比べて高めの設定となっています。
 今回利用した鹿島臨海鉄道では残念ながら利用できないものの、伊豆急行、北越急行、会津鉄道などのJR以外の路線で利用できるところもこのフリーパスの特徴です。
 子供料金も設定されていて、しかも通常の値段の半額以下なので家族での旅行にもうってつけです。
 できるだけ短い時間で遠出したい方は試してみる価値があるのではないでしょうか。

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。